出力ログの保存

出力日時、エラー情報、ユーザー情報などのログを保存します。ログはOFC_ログオブジェクトに保存されます。

※本機能はOffice File Creator Proで使用可能です。

 

OFC_Templateレコードの設定

OFC_Templateレコード画面を開き、「(Pro) ログ」セクション内を入力します。

ログ保存: チェックオンでOFC_Logレコードを保存します。テスト出力は含まれません。

テスト出力のログ保存: チェックオンでテスト出力時、OFC_Logレコードを保存します。

 

 

OFC_ログの確認

ログは、OFC_Templateレコード画面の「ログ」タブより、または「OFC_ログ」タブのリストビューより確認することができます。

OFC_Templateレコード画面

 

OFC_ログ」タブのリストビュー

 

ログ一覧

項目名 内容
情報
ログ番号 ログ番号
結果 "成功""失敗""結果なし"のいずれかがセットされます。

PDFプレビュー時は、出力結果を返しません。出力条件除外エラー以外は"結果なし"がセットされます。

エラー種別 各エラー種別がセットされます。

  • 実行エラー ・・・ ファイル出力前実行時のエラー
  • ファイル出力エラー ・・・ ファイル出力時のエラー
  • 出力除外 ・・・ OFC_Templateの出力条件に一致しなかった場合のエラー
  • ログ保存エラー ・・・ ログ保存時のエラー
テスト出力 以下の値がセットされます。

  • True ・・・ OFC_Templateレコード画面からのテスト出力
  • False ・・・ OFC_Templateレコード画面以外からの出力
エラーメッセージ エラーメッセージ
処理詳細
開始日時 開始日時
終了日時 終了日時
処理時間() 処理時間()
実行方法 "カスタムボタン""Lightningコンポーネントボタン"、"フロー"のいずれかがセットされます。
リクエストId リクエストId。複数ファイル一括出力時、1実行で同一のリクエストIdがセットされます。Apexで以下の実行結果をセットします。

Request.getCurrent().getRequestId()

出力ファイル数(1実行あたり) 1実行あたりの出力ファイル数
APIコール数 APIコール数。ExcelWord出力のリッチテキストエリアの画像出力時、APIコール数を消費します。
画像出力数 画像出力数
ユーザー情報
ユーザー 実行ユーザー
ユーザー種別 ユーザー種別。Apexによる以下の実行結果をセットします。

UserInfo.getUserType()

セッションタイプ セッションタイプ。Apexによる以下の実行結果をセットします。

Auth.SessionManagement.getCurrentSession().get('SessionType')

UIテーマ UIテーマ。Apexによる以下の実行結果をセットします。

UserInfo.getUiThemeDisplayed()

テンプレート & ファイル
OFC_Template OFC_TemplateレコードId
テンプレートAPI テンプレートApi
オブジェクトAPI オブジェクトApi
ファイル形式 ファイル形式
出力方法 以下の値がセットされます。

  • download ・・・ ダウンロード
  • file ・・・ レコードにファイルを添付して保存
  • att ・・・ レコードに添付ファイルを添付して保存
ダウンロード 以下の値がセットされます。

  • true ・・・ ファイル保存+ダウンロード
  • false ・・・ ファイル保存時、ダウンロードなし
レコードId(リンク) 出力対象のレコードId
ファイル名 ファイル名
ContentDocument Id ContentDocument Id。出力方法が"file"のとき、値が設定されます。
ContentVersion Id ContentVersion Id。出力方法が"file"のとき、値が設定されます。
Attachment Id Attachment Id。出力方法が"att"のとき、値が設定されます。
システム情報
作成者 作成者
最終更新者 最終更新者
所有者 所有者

 

 

考慮事項

  • ログは実行時にOFC_Templateレコードを取得後、保存されます。OFC_Templateレコードの権限不足など、OFC_Templateレコードにアクセスできない場合、ログ保存がチェックオンでもログは保存されません。
  • PDFプレビュー時は、出力結果を返しません。出力条件除外エラー以外は「結果」に"結果なし"がセットされます。
  • OFC_ログレコードは組織のデータ容量を消費します。組織の容量オーバー時、ログレコードの作成に失敗します。
  • ログレコードの作成に失敗した場合、ファイル出力後、出力ユーザーにログ保存エラーのメッセージが表示されます。