2. 権限設定

Office File Creatorに関連する各種権限を付与します。

※本手順はOffice File Creator Ver.2用です。Ver.1をご利用の場合は、権限設定 (Office File Creator Ver.1用)を参照してください。

 

2.1.  権限設定

OFCの権限を以下のとおり設定してください。

  • 管理者ユーザーは、OFC_Templateレコード・テンプレートファイル、ログを管理するユーザー、および契約管理者です。
  • 一般ユーザーは、レコードページのカスタムボタンより、帳票を出力するユーザーです。

 

Office File Creator Ver.2の権限一覧

設定 名前 管理者ユーザー 一般ユーザー
カスタムアプリケーション設定 - Office File Creator

Office File Creator Classic

-
カスタムタブの設定 OFC_Template デフォルトで表示 タブを隠す
OFC_子オブジェクトオプション デフォルトで表示 タブを隠す
OFC_ログ デフォルトで表示 タブを隠す
OFC_License デフォルトで表示 タブを隠す
カスタムオブジェクト権限 OFC_Template 参照・作成・編集・削除 参照
OFC_子オブジェクトオプション 参照・作成・編集・削除 参照
OFC_ログ 参照 -
項目レベルセキュリティ OFC_Template 参照・編集(すべての項目) -
OFC_子オブジェクトオプション 参照・編集(すべての項目) -
OFC_ログ 参照(すべての項目) -
Apexクラス - Apexクラス名が"ofc2."で始まるApexクラスにアクセス権限を付与
Visualforceページ - Visualforce名が"ofc2."で始まるVisualforceページにアクセス権限を付与

 

 

プロファイルに権限付与

画面右上の設定アイコンより「設定」をクリックします。

 

クイック検索ボックスに「プロファイル」と入力し、「プロファイル」を選択します。対象のプロファイル名をクックします。

 

「編集」ボタンをクリックします。

 

 

カスタムアプリケーション設定

カスタムアプリケーションの設定は、管理者ユーザーのみ設定が必要で、一般ユーザーは不要です。

「カスタムオブジェクトアプリケーション」セクション内のOffice File Creatorをチェックオンにします。

Office File Creator (ofc2__OfficeFileCreator)

Office File Creator for Classic (ofc2__OfficeFileCreator_Classic) ※Salesforce Classicで利用の場合

 

 

タブの設定

タブの設定は、管理者ユーザーのみ設定が必要で、一般ユーザーは不要です。

「タブの設定」セクション内の「カスタムタブの設定」より、タブを設定します。

OFC_License: デフォルトで表示

OFC_ログ: デフォルトで表示

OFC_Template: デフォルトで表示

OFC_子オブジェクトオプション: デフォルトで表示

 

 

カスタムオブジェクト権限の設定

「カスタムオブジェクト権限」セクション内のカスタムオブジェクト権限を設定します。

 

管理者ユーザー

OFC_Template: 参照、作成、編集、削除にチェックオン。*すべて表示、すべて変更は必要な場合、チェックオン

OFC_子オブジェクトオプション: 参照、作成、編集、削除にチェックオン。*すべて表示、すべて変更は必要な場合、チェックオン

OFC_ログ: 参照にチェックオン。*編集、削除、すべて表示、すべて変更は必要な場合、チェックオン

 

一般ユーザー

OFC_Template: 参照にチェックオン

OFC_子オブジェクトオプション: 参照にチェックオン

OFC_ログ: チェックなし

 

「保存」ボタンをクリックします。

 

 

項目レベルセキュリティ

項目レベルセキュリティの設定は、管理者ユーザーのみ設定が必要で、一般ユーザーは不要です。

 

OFC_Template

「項目レベルセキュリティ」セクション内のカスタム項目レベルセキュリティの「OFC_Template」の参照リンクをクリックします。

 

「編集」ボタンをクリックします。

 

参照アクセス権、編集アクセス権をすべてチェックオンにし、「保存」ボタンをクリックします。

 

「プロファイルに戻る」ボタンをクリックします。

 

OFC_子オブジェクトオプション

「項目レベルセキュリティ」セクション内のカスタム項目レベルセキュリティの「OFC_子オブジェクトオプション」の参照リンクをクリックします。

 

「編集」ボタンをクリックします。

 

参照アクセス権、編集アクセス権をすべてチェックオンにし、「保存」ボタンをクリックします。

 

「プロファイルに戻る」ボタンをクリックします。

 

OFC_ログ

「項目レベルセキュリティ」セクション内のカスタム項目レベルセキュリティの「OFC_ログ」の参照リンクをクリックします。

 

「編集」ボタンをクリックします。

 

参照アクセス権をすべてチェックオンにし、「保存」ボタンをクリックします。

 

「プロファイルに戻る」ボタンをクリックします。

 

 

Apexクラス

Apexクラスの権限設定は、管理者ユーザー、一般ユーザー共通です。

「有効な Apex クラス」内の「編集」ボタンをクリックします。

 

Apexクラス名が"ofc2."で始まるApexクラスを「有効化されたApexクラス」内に追加します。「保存」ボタンをクリックします。

 

 

Visualforceページ

Visualforceページの権限設定は、管理者ユーザー、一般ユーザー共通です。

「有効な Visualforce ページアクセス」内の「編集」ボタンをクリックします。

 

Visualforce名が"ofc2."で始まるVisualforceページを「有効化された Visualforce ページ」内に追加します。「保存」ボタンをクリックします。

 

 

2.2.  備考

  • リストビューより一括出力用にVisualforceページを作成した場合、作成したVisualforceページへのアクセス権限を付与してください。